物語の主人公たちは、その平地のさらに先へと進む話などをします

主人公たちは、辺りを、見回し、様子を伺いながら、進むのですが、とりあえず、すぐには、敵が出てこないふいんきであります。それどころか、通りすがりの人物も、でてこなさそうなふいんきであります。いつもそんな感じだったら疲れちゃうよな、気が休まる時間も、いくらかは、欲しいよなと言うのです。メンバーたちも、共感しています。そんな話をしながらも、主人公たちは、ゆっくりと先へと進んで行きます。それで、しばらくすると、何やら巨大なモンスターが、正面に、居るのが、分かります。身長は、2メートル18cmで、体重もかなり重そうで、98キロで、100キロに近く、石で、出来た棍棒を持っている。棍棒を、持っていなくても、強そうなのに。筋肉質で、そのモンスターと戦う事に、なります。まずは、主人公側のメンバーからの攻撃で、ボディーブローが、見事に決まります。そこで、その巨体のモンスターが、これは効きましたみたいな感じで、前のめりになってそれを主人公の仲間のキャラが、腕で少し、支えてる状態で、離すと、そのボスが倒れ、勝つことになります。ミュゼ ヒゲ脱毛