ヘルシーコーポレーションへの株式操作

株式トレード歴が2年になる我々は、女性が「どろあわわ」がほしいと言うので、あのRIZAP(ライザップ)で有名なカラダコーポレーションの株を所有しています。というのも「どろあわわ」はカラダコーポレーションの商品なので株主恩典原理で無料でゲットできるのです。きのうはGWでお休みをいただいていたので、昼株価の動向をチェックしていましたが、日経通常株価が今日冴えないミドル、カラダコーポレーションの株価はかなりの向上。はからずも利用している証券オフィスのWEBを見ながらにっこりしてしまいました。
適切見返りが出そうだったので取引しようとも考えましたが、ここで売ったら今後は株主恩典の「どろあわわ」はもらえなくなってしまうということが心をかすめ、目前の見返りよりも低い女性孝行を優先させてしまいました(泣)。まぁ、円満な夫妻生活を送るために多少なりとも「どろあわわ」が貢献して受け取るなら仕方がないですね(苦笑い)。
なお、何だかんだ書きましたが株式トレードは自己責任でお願いします。

ハイスクール暮らし最後の記憶開発の機会を作ってくれた主任のワンポイント

機会は春もこれからおわりをむかえる5月の連休明けのことでした。
わたしが通っていたハイスクールでは5月の末に球技ビッグイベントがありました。
球技ビッグイベントと言っても参加するのは行為部関与の生徒とボランティアの生徒が競技に参加するだけで、
他の生徒は競技を見ているだけなのですが。
わたしは行為部にも所属しておらず、また行為地雷が良いわけでもなかった結果、
経験2回の球技ビッグイベントに参加しませんでした。
わたしが所属していたのは文芸部という政策のおレクレーション集まり的部活でした。
そういったわけで、球技ビッグイベントのことなどとりわけ意思にもせずに部室で延々と過ごしていました。
しかし、今年はたえずと変わりました。
適切月曜日の素行だったと思います。
ほんのり遅れてきた船長が勢い良く部室の扉を開けて言いました。
「お前陣、球技ビッグイベントに参加するぞ!」
有無を言わせぬ船長の面持ちは鬼気ねだるものがありました。
何かあったのかとわたしが尋ねると
「今、陸上部のやつにバカにされた。腹立たしいから球技ビッグイベントで彼らを徹底的に負かしたんねん」
その一言で団員たちは一律を悟りました。
こう言い出した船長を誰にも止められないのは人々が最高峰良く知っていたからだ。
こうして、ハイスクールやりくり最後の球技ビッグイベントに私たちは参加することになりました。
今にして思えば、こういう列席があったからこそ、何も楽しいことがなかったハイスクール生活に
唯一の経験ができたと思っています。